2011・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/29 (Wed) 疲れてるかも

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

家ごはん |


2011/06/25 (Sat) Yamanashi short trip ~清里散歩~ サイゴ

少し時間があいてしまいましたが short tripの最後は山梨県の清里へ。

新緑の中を車で駆け抜けるのは爽快以外のなにものでもありません。マイナスイオン大放出。
窓を開けると日射しがさすと同時に高原の冷たい風が優しく頬を伝わり幸せな気持ちになりました。
こんなささやかな幸せに心から感謝。


頭の中は完全脱仕事モード。

DSC05340.jpg

時間を忘れてただただ緑の中に身を任せることにしました。^^


清里といえばシンボルとなる清泉寮で休憩。同じくここで休憩している観光客もちらほら。清泉寮は広い敷地を有しており、敷地内には牧場やパン屋さんなどもあり動物たちものんびり暮らしていました。

DSC05464.jpg

足湯につかりながらソフトクリームをペロリ。いい大人だけどソフトクリームは大好き。

DSC05473.jpg


ジャージー牛の子牛ちゃんにもこんにちは。

DSC05495_20110625034121.jpg

パン屋さんでは母大量買い。パンだけでも十分生きていけるわと豪語するほどパンが大好きな母。お友達へのお土産にもパンと手作りのルバーブジャムを購入していました。

DSC05492.jpg

DSC05488.jpg

その後、車で10分ほど進んだコミュニティパークの萌木の村へ

DSC05521.jpg

パーク内はかわいいお店がたくさん。雑貨を観て周るだけでも楽しめました。大好きな雑貨に見入ってしまい、母とよっしーにおいていかれることしばし・・・・。

DSC05527.jpg


DSC05508.jpg

森の中にふとメリーゴーランドがでてきました。メルヘンの世界ですな♪

DSC05528.jpg

ランチは敷地内の「Rock」というお店にて。カレーで有名なお店みたいです。


とりあえずビール・・・ではなく、ソーセージ。(笑)

DSC05545_20110625041202.jpg


そしてカレー。長時間じっくり煮込んだビーフカレー。カレー・・・というよりはビーフシチューを食べているような濃厚でまろやか~~~な味でした♪♪かなり量が多いかな??と思いきやとってもおいしかったので意外や意外、ペロリでした^^;

DSC05548.jpg


食後のカフェラテ・・・ミルクの味が濃厚でGood!!ただ、写真だと伝わりませんがカップがとっても大きいの~~~!! 

DSC05543.jpg


萌木の村を後にして帰り道がてら八ヶ岳倶楽部へ。森の中にある園芸店です。

DSC05560.jpg

手入れの行きとどいた雑木林を散歩できます。

DSC05561.jpg

ここも母がずっと行きたいといっていた場所。


よっしーったら、カメラマンになって


「りえこ(母)さん、そこはこんな感じで・・・」


と昭和のグラビアもびっくりなポーズを薦め、そのリクエストに楽しそうに応じる○0歳の母。

DSC05565.jpg


もはや誰にも止められず・・・・;


そんな2人はほっといて、私は園芸店へ。八ヶ岳で生息する珍しい植物がたくさんありました。

DSC05573.jpg



Short tripでしたが、いろんなところを巡ることができて移動時間のドライブも景色がキレイでとても楽しいものでした。また元気とやる気をチャージできた気がします♪今回は母主役の旅行でしたが、同行者兼ガイドの私もドライバーよっしーもかなり楽しんでしまいました^^。


もちろん母にも喜んでもらえて満足です。子はいつでも親の幸せそうな顔を見ると嬉しいものですよね。幼いころは病気になったり、いろいろ迷惑もかけたので自分にできる範囲内でこれから少しずつ孝行ができたらいいな~~~と思います。


また来年訪れようかな~~~~♪







その他旅行 | comment(0) |


2011/06/20 (Mon) Nagano short trip ~蓼科温泉&宿~

前回の日記でも書いたイングリッシュガーデンのスタッフの中にはイギリスのプロのガーデナーの方もいて、作業中のとってもイケメンな英国男性もいて、母と私はいろんな意味で視覚の癒やし効果抜群の場所でした。笑


さて、宿泊した宿です。ホテルなんですが、風情のある旅館のようなところ。


蓼科温泉の親湯さんというところにお世話になりました。なにやらシークレットプランというとてもお得な料金で宿泊できました♪

古くもなく、決して新しくもないところでしたが、清潔感があり過ごしやすい宿でした。

DSC05433.jpg

意外と広いロビーにびっくり。ロビー内にはちょっとしたお土産屋さんや手作り陶器屋さんもありました。 

DSC05440.jpg


スタッフの方もとても親切でした。お部屋一人一人に専属のスタッフさんがついてくれたので、なにかと便利でした。

私たちの部屋は5階。

DSC05370.jpg

お部屋はこんな感じ。基本的には和風です。
DSC05344.jpg

宿についてすぐにお風呂へ♪


新緑を眺めながらの貸し切りの露天風呂に大満足です!!

DSC05359.jpg

一般の露天風呂は石段を下っていきます。これもまた風情あり。

DSC05367.jpg

私が入ったときはタイミングよく誰もいなかったのでパチリ。

DSC05365_20110621000633.jpg

美肌の湯ともいわれていると聞いてかなり長時間温泉につかってフラフラ~~;私がお肌つるつるになったかどうかは自分でよくわかりませんが、夫よっしーの肌は確実に湯上りむきたてのたまご肌になっていてびっくり;


ちなみに大浴場の床には畳が敷かれていました。
この写真はHPからお借りしました。↓

SU1HXzE5OTYgLSCDUoNzgVs.jpg


私的に1番驚いたのが、大浴場で使用されている共同のシャンプー、リンス、洗顔、ピーリング剤、化粧水、美容液などなどがすべてロビーのお土産屋さんで売られているとても質のよいものだったことです。

よく宿の大浴場にあるシャンプーって髪がバサバサになるものが多いきがしますが、(安いところにしか泊まってないからかしら 笑)ここのはシャンプーは馬油を使ったもので成分をみてもとても肌に優しいものでした。使用感もとてもよかったです♪

持参してきたロクシタンのアメニティは一切使わずじまいでした^^;


ちなみにお店でみたらシャンプー3150円、トリートメント5700円でした。ロビーのお土産やさんで売られているものも、「しっかり吟味して厳選したものばかりです。オーナーの目利きを試してください」と記載があるとおり、とてもおいしそうなものばかりが売られていました^^


お風呂を満喫した後はディナー。ゆったりリラックスした気持ちでいただきたかったので、お部屋食にしました。

DSC05378.jpg

ここのお食事は和洋創作料理で、お箸でいただくものでした。シェフの方が新鮮な素材にこだわって作ってくださっているそうです。ここの宿はこの食事を楽しみに来るお客さんもいるのだとか。

DSC05382.jpg


お食事の写真はそのまんまのがHPの写真に載っていたのでこれまたお借りしました^^;

suzuran.jpg

旅館の和風のお食事もとてもよいのですが、高原リゾートっぽいちょっとお洒落だけど、きどらない創作料理もまたとてもよかったです。なんせ宿の浴衣着ながら食べてましたしね。笑


母もよっしーも満足してくれて私も大満足でした。


かなり満腹だったんですが、食事後には私たちのお部屋の専属のスタッフの方がハッピバースデー~♪と登場。


DSC05411.jpg


そう、今回は母のバースデー旅行なので、サプライズということで宿の方にこっそり伝えておきました。


母嬉しくて号泣。あれだけ満腹~もう無理だわ~~!!といっていたのに、パクパクケーキを食べていました。またケーキも甘さ控えめでと~~~ってもおいしかったです♪意外に大きいケーキだなと思ったのですが、よっしーも協力のもと、おいしくいただきました^^


この旅行自体も私とよっしーからのプレゼントだったのですが、今年は節目の年だったので家族から・・ということで記念品としてダイヤの指輪をプレゼントしました。


これにも母は大感動してくれました♪


が・・・・・・・・・、サイズが合わず再度私が引き取り、現在サイズのお直し中です;(まぁ、そんなこともあるよね)


九州から電話をしてきた父に母はだいぶ長いこと今回の旅行のことをひとつひとつ自慢していました。


父ったら本当に残念すぎる・・・・


この日はすごくよい睡眠をとることができて朝は爽快でした。


翌日の朝食は館内のレストランにて。朝食の写真を撮り忘れたので様子のみ・・・。

DSC05423.jpg



静かな蓼科でゆっくりリラックスしたときを過ごすことができました。翌日は少し車で移動して長野から山梨県の清里方面へ。


また次回です。

その他旅行 | comment(0) |


2011/06/19 (Sun) Nagano short trip 2 ~蓼科イングリッシュガーデン~

御蕎麦屋さんでお腹を満たした後は今回の旅で母が1番楽しみにしていたバラクライングリッシュガーデンへ。
天気予報ではくもりのち雨だったのに、なんと午後からは晴れてくれました♪

残念ながらバラのピークの季節とは少しはずれていたのですが、それでも美しい花々がたくさん咲いていました。以前バラの時期には訪れたことがあったので、違う季節のガーデンもまたとても楽しみにしていました。

エントランスからとても美しいイングリッシュガーデン。木々が芽吹く今の季節は緑がとても活き活きしています。

DSC05337.jpg

以前ここに来て以来知ったニセアカシヤという木。黄緑色の葉っぱだけでも美しいのですが、かわいい花々や甘くて優しい香りを放つ大好きな木のひとつです。

DSC05225.jpg


葉の隙間から差し込む光がとても気持ち良い。緑のカーテンです。

DSC05316.jpg

DSC05227.jpg

梅雨の時期に咲く花って優しい色でとても好き。

mix1.jpg

テキトーに植えられているようで、実はとても計算しつくされたイングリッシュガーデン

DSC05249.jpg

どの角度からみても絵になる風景です。
単調なグリーンの中にこんな椅子ひとつ置くことでフォーカルポイントとなり庭が引き締まる感じがします。

DSC05235.jpg

DSC05242_20110619233406.jpg

緑に囲まれた美しい空間で深呼吸をすると心と体がスーッと浄化されるようです。大人の癒し空間ですね。

DSC05293.jpg

でも1番喜んでいたのはやはり母。なんといっても母の憧れのお庭に興奮しすぎてアドレナリン大放出です。

DSC05259s.jpg

同じAB型でなにかと話があうよっしーと母の周りで私はひたすら主役のためのカメラ係に徹していました。

DSC05264_20110620000745.jpg

そんなカメラマンもちょっとひと息。あらゆるところにベンチがあるので、ちょっと腰かけてゆったりとした気分ねお庭を眺める・・・ということもできます。

DSC05282.jpg

若いころ洋裁関係の仕事をしていた母は洋服のデザインにとても関心があったようですが、今の母の夢は自分のデザインしたガーデンでカフェを開くことだとか。○0歳になってもまだまだ現役です。(笑)夢を持つのはいいことだよね。

DSC05287.jpg


でも既に我が家のプチガーデンでは小さいながらもいつも近所のおじちゃんやおばちゃんが誰かしらお茶を飲んでいる気がしますが。(笑)


もはやどちらが夫婦なんだかわからない感じですが、仲が良いのはとてもいいこと^^;

DSC05308.jpg

お庭でいただいた手作りスコーンとお茶もとってもおいしかったです♪


DSC05300.jpg

DSC05327.jpg

ちなみに母はここの会員になっており、年パスを持っています。そのくらい大好きなお庭なんだそうです。


隅々までガーデンを満喫した後は今宵のお宿へ。イングリッシュガーデンでゆっくりできるように宿は近くにとっておきました。1番泊まりたかった宿は既に満室で、結局第2希望のお宿になったのですが、そこもなかなかよかったです!


お宿についてはまた次回・・・・。

その他旅行 | comment(0) |


2011/06/19 (Sun) Nagano short trip 1

DSC05252.jpg

6月に母の誕生日があり、夫よっしーと話し合った結果、母の好きな場所へ一緒に行こうという話になり、私の両親を長野県の高原の旅にご招待しました。

が、しかし、父は急用でど~~~してもど~~~しても九州に飛ばなくてはならず、かといって私たちも仕事をしている身なのでそうそう休みは変更できず、結果、父抜きの3人旅行になりました。ちなみに母はというと、


「今回の旅行、父抜きだけどいい??」


と聞くと、即答でOKがでました(笑) (父、相当悔しがっていました;また別の機会にね。)


short tripなので、行けるところは限られていますが、中でも母が大好きな蓼科と清里へ訪れました。私と母は何度か訪れたことがあり、よっしーはお初だったので、何気にウキウキしていたようです。


成田から埼玉へ車をすっとばし、母をピックアップし、更に高速+ビーナスラインを走ること2時間、あっというまに長野に着きました。この日の予想は くもりのち雨。空はなんとなくどんよりしていましたが、雨が降らないことを祈るばかりです。


DSC05160.jpg

遠くに見えるのは白樺湖。更に上へあがるために車をとめてリフトを利用しました。


車山高原にあるリフトです。(もちろん冬はスキー場)


どっかで聞いたことある名前だわ・・・

DSC05166.jpg


私は両親が九州出身・・ということもありウインタースポーツに縁のない一家に育ったので、もちろん母はリフト初体験。(私も2,3度しか乗ったことがありませんしね。)母はキャーキャー言いながら朝からテンション高く、楽しんでいました。


楽して山に登れちゃうんだもんね、なんてリフトって便利なマシーンなんだろう・・・


こんなとことを登山愛好家の方たちに聞かれたらきっと残念すぎるでしょうね。山にのぼる苦しさがあっての頂上だものね。


DSC05180.jpg


既に雲が下にみえる・・・・。山々の緑がとってもキレイでした。山の上は肌寒いくらいでした。パーカー持って行ってよかった~~~と半そでよっしーを見ながらニヤリ。


DSC05191.jpg


降りるのも意外にこわいのね。

DSC05200.jpg


今回の旅はたくさん歩くことを予想して3人ともスニーカー着用。気合い十二分です。(のくせにリフトに乗っちゃってるけどね)左から母、私、よっしーです。

DSC05204.jpg

しかも私と母は今回の旅行のためにスニーカーを新調。やっぱり形から入らないとね。と考えてるところが似ているあたりさすが親子。(笑)よっしーに「新しいと足が痛くなっちゃうかもよ」と言われて少し心配していましたがとっても快調でした^^


山のおいしい空気をたくさん吸い車に戻ると既に10時半。再びビーナスラインで高原をドライブしながら茅野方面へ。緑の中をドライブするのはとっても気持ちよかったです。


今回の旅もコーディネーターはワタクシだったので、1日のプランやお宿からランチの場所などもすべて私が決めました。今回はshort tripながらゆとりのある『The 大人の休日』を意識してコーディネートをしてみました^^


着いたのは「蕎茶寮いけ野」さん。お蕎麦屋さんです。おいしい水のある場所に来たからにはきっと蕎麦もおいしいはず!!!という単調な考えですが、母もよっしーも蕎麦が大好きなのでチョイスしてみました。


DSC05223_20110619161332.jpg


メルヘン街道沿いにあるお店なのですが、看板を大々的にだしていないので、通り過ぎてしまうところでした。^^;外観の写真をチェックしといてよかった~~~~


ネットの口コミでは店員さんの態度がイマイチ・・・のようなことが書いてあったので母とよっしーにもその旨を伝えて3人してそのへんを構えた上でお店に入ったのですが、行ってみたら店員の女性は皆とてもフレンドリーでニコやかで親切でした;(あ~、余計な情報を伝えなきゃよかったな・・・)


お店はテラス席もあり、モダンな感じでまさに「大人の隠れ家」的な場所で、私好みのとても素敵な空間だったのですが、お店自体は小さめ。私たちはランチの時間すぐに入店したので待たずに入れましたが、大きな看板はないのに次々にお客さんの車が入ってきて、後から来た方はかなり待たされていました。あの店員さん、忙しすぎると態度が悪くなっちゃうのかな・・・←まだ言ってる。。。


肝心のお蕎麦…の前に、ちょこっとした前菜がでてきました。

DSC05217.jpg

ふき、アスパラ、トマト・・・と蓼科でとれた旬のお野菜です。甘みがありとても美味でした。トマトはなにかに漬けてあるのかな・・・不思議な食感でしたがとてもおいしかったです。


そして天ぷら。特に山椒の葉の天ぷらがおいしかったです


DSC05219_20110619165813.jpg

天ぷらもかなりのボリュームだったので、既にお腹にたまりましたが、それでもツルっと食べられるのがお蕎麦。

ちなみにこの写真は私の食べかけなので、実際はもっと量が多いですよ^^

DSC05221.jpg


蕎麦ってこういうものだったんだ~~~と思わせてくれるようなコシのある風味豊かな御蕎麦でした。喉越しもとてもよかったです。


蕎麦湯までしっかりいただき、大満足でした。


おいしかったね~~~^^と母にいうと、


「うん、おいしかった~~~^^でも1番気にいったのはあのお店のトイレにおいてあったカゴ。すっごくかわいかったんだけど、どこで売ってるんだろう。聞けばよかったな~~よっくんは見た~~~????」


・・・・・・・カゴかいっ!!!!!!!(-_-)


ランチ後は母が1番楽しみにしていたバラクライングリッシュガーデンへ。


それはまた次回に・・・・

その他旅行 | comment(0) |


2011/06/11 (Sat) 秘密のストレス発散法

連続勤務が終わった今日、家に帰って頭を真っ白にしたくてピアノと向き合うこと3時間。気がつけば夕ご飯を食べるのを忘れていました。もちろん、ご近所の方々に不快な思いをさせないようにヘッドフォン付きです。このヒドイ音色を聴かせるにはあまりにも不憫ですからね・・・

DSC05084.jpg



美しく奏でる・・・というよりガンガンひくことでストレスを発散させていました。笑 その姿といったらあまりにも醜く、決して人さまには見せることはできません。


しかも弾いていた曲がまたマニアックで。


最初は2,3曲クラシックの曲(モーツアルトや、ショパン)を弾いていたんですが、だんだん曲調が変化してきて、最終的に歌いながら弾き語っていたのがむか~~~~しアニメでやっていた


「スプーンおばさん」


のエンディングテーマで、


「リンゴの森の子猫たち」


という曲。多分同年代の方だったらご存じの方も多いはずです。NHKで、オープニングとエンディング合わせて10分間でやっていたアニメです。そのうちの1分を占めていたのがこのエンディングテーマ。ちなみに作詞:松本隆、作曲:筒美京平というスーパー大御所の方の作品です。




参考までに↓動画があったのでこれ。





・・・・私、この曲をまさかまさかの歌詞をフルで歌えてしまう・・・・。(しかも我流の演奏付きで)



りんごの森の子猫たちに誘われたのよ楽しいパーティ~~♪ってね。


歌っていたら楽しくなって疲れがふっとびました。(笑)ちなみに間には童謡メドレーが入ったりもしました。

あまり人に教えられるストレス発散法ではありませんが、私の秘密のストレス発散法であり、そして至福のひとときです


でも・・・・・



ヘッドフォンしてたのに歌ってちゃ、意味ないよね・・・。思いっきり熱唱してしまった;;;


明日から3日連休なのでさらにゆっくり楽しもうと思います。


家のこと | comment(0) |


| TOP |

ブログパーツ

プロフィール

Mayumi

Author:Mayumi
○Age・・・アラサー・・というかjust 30 
○birthday・・・鉄道記念日
○occupation・・・空港勤め
○living place・・・千葉県 成田市 夫と2人住まい
○my favorites・・・旅行、アロマ、石鹸、キャンドル、インテリア雑貨、カフェ、読書、クリスマスローズ、食べ歩き、白、黒、茶、ベージュ、ピアノ、jazz、ボサノバ、クラシック、部屋でひきこもり、ラムレーズン&チョコミントアイス、美術館&歴史的建造物巡り、飛行機、和菓子、アメリカ、フランス、イタリア、タイ、映画鑑賞、人間観察、写真、足つぼ&足マッサージ

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Japanese→English

English English得袋.com

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。